白山市立松任中川一政記念美術館開館35周年記念「没後30年 中川一政展-二つの中川一政美術館交流展-」

白山市立松任中川一政記念美術館
期間:2021年10月1日(金)~12月28日(火)
休館:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始(12/29~1/3)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
▷日本 – 絵画 書

中川一政の処女作から晩年作までを一堂に公開

中川一政(1893-1991・文化勲章受章者)の没後30年の節目を迎える今年、その名を冠した二つの美術館、当館(昭和61年開館)と真鶴町立中川一政美術館(神奈川県・平成元年開館)が協力し、特別展を同時開催します。
本展では、作品の相互貸借や関連イベントを通して、それぞれの視点から中川一政の画業や創作姿勢に迫ります。当館では、岸田劉生が認めた処女作《酒倉》や詩情豊かで希少な初期作品、また渡欧作などを公開し、作品やエッセイ、関連資料などから、独学の画家が独自の画境を切り拓いていく過程や、到達点に留まることなく新たな挑戦を続けた生き様を紹介します。

■白山市立松任中川一政記念美術館
〒924-0888 石川県白山市旭町61-1
アクセス: JR松任駅南口より徒歩1分
URL:http://www.hakusan-museum.jp/nakagawakinen/

一緒にみたい! おなじエリアの展覧会

  1. 企画展「かわいいコレクション展」

  2. 企画展「人を描くとき ~宮本三郎の人物画~」