企画展「受贈記念 柳原睦夫 花喰ノ器」

大阪市立東洋陶磁美術館
期間:2021年8月11日(水)~2022年2月6日(日)
休館:月曜日(9月20日、1月10日を除く)、9月21日(火)、12月27日(月)~1月4日(火)、1月11日(火)
開館時間:9:30-17:00
▷日本 – 陶器、花器、現代陶芸

陶芸家の柳原睦夫(1934–)の作品4点の受贈を記念し、個人蔵を加えた柳原作品41点とともに、柳原の作品に華道家・杉田一弥が花を活けた写真作品16点を併せて展示することで、「花喰ノ器」としての柳原作品の魅力をご紹介します。

 柳原睦夫(1934–)は、高知市出身で、京都市立美術大学(現在の京都市立芸術大学)で富本憲吉(1886–1963)に陶芸を学びました。その後、アメリカのワシントン大学やアルフレッド大学に招聘され、1960年代から70年代にかけて数度に渡り約5年間をアメリカで過ごしました。抽象表現主義やポップアートに代表されるアメリカ美術の動向を現地で体感し、帰国後には鮮烈な金銀彩を用いた独特の造形作品で注目されます。ただし作家はむしろ「絶対に陶芸を捨てない」という意識の中で、日本のやきものの豊かな文化の連続性を否定せず、現代における新しい表現を模索してゆきます。柳原は、陶芸のおもしろさを「個人の表現としてソリストにもなれるけれども、アンサンブルがたちどころにできること」だと言います。
 本展は柳原睦夫作品4点の受贈を記念し、個人蔵を加えた柳原作品41点とともに、柳原の作品に華道家・杉田一弥が花を活けた写真作品16点を併せて展示することで、作家がテーマとしてきたやきものの作品性を改めて見直します。

柳原睦夫(1934–)
流水文笑口壺 (りゅうすいもんしょうこうこ)
1986年 施釉陶 高51.5cm 幅46.8×26.8cm 個人蔵
撮影 麥生田兵吾

柳原睦夫(1934–)
キ・オリベ後屈瓶 (きおりべこうくつへい)
1995年 施釉陶 高64.0cm 幅46.0×26.0cm
大阪市立東洋陶磁美術館蔵(大森敬吾氏(Museum李朝)寄贈)
撮影 麥生田兵吾

■大阪市立東洋陶磁美術館
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26
アクセス: 京阪中之島線「なにわ橋駅」1号出口すぐ 、地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」1号出口、 地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜駅」26号出口各駅から約400m 大阪市中央公会堂東側
URL:https://www.moco.or.jp/

一緒にみたい! おなじエリアの展覧会

  1. 企画展「福井夫妻コレクション 古九谷」

  2. コレクション展関連テーマ展示「加彩婦女俑に魅せられて」