シンボル展「 曽我物語図屏風」

山梨県立博物館
期間:2022年1月22日(土)~2022年2月21日(月)
休館:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日)
開館時間:9:00-17:00(最終入館は16:30まで)
▷日本 – 屏風 浮世絵 版本 歴史資料

鎌倉時代、父の仇討ちに青春をかけた兄弟がいた・・・

建久4年(1193)、源頼朝が富士の裾野で巻狩を行った際、曽我十郎祐成・五郎時致兄弟は父の仇を討って本懐を遂げました。この出来事は謡曲や浄瑠璃、歌舞伎、絵入本や絵巻など多く芸能の題材となり、長く語り継がれています。本展では、山梨県立博物館所蔵の2組の「曽我物語図屏風」を中心に、曽我兄弟の仇討ちについて紹介します。

■山梨県立博物館
〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1
アクセス: 中央自動車道一宮御坂ICから車で約8分、笛吹八代スマートICから車で約12分、JR石和温泉駅南口からバスで約10分、JR甲府駅南口からバスで約30分、富士急行河口湖駅からバスで約40分、富士急行富士山駅からバスで約50分
URL:http://www.museum.pref.yamanashi.jp/index.html

一緒にみたい! おなじエリアの展覧会

  1. 特別展「シダネルとマルタン展」

  2. 常設展「素晴らしき甲州文庫の世界―県移管70周年記念―」