日本画散歩 絵の中に入って楽しむ

足立美術館
期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月) 
休館:年中無休(新館のみ展示替えのため休館日あり)
開館時間:9:00~17:00
▷日本 – 日本画

絵の中に入り込むことで、日本画をより深く味わう展覧会

絵画を鑑賞する際、絵の中に入り込んだ気分になって作品を見ると、いつもとは違った新鮮な感覚で向き合うことができます。
例えば、風景画に小さく添えられた人物の目線になってみると、まぶしい光や爽快な気分を味わえたり、色とりどりの花が描かれた作品では、目の前に漂う花の甘い香りが感じられたりします。水辺の風景を描いた作品からは、冷たい空気や水の音なども伝わってくるでしょう。絵の中に自分を置き、中から作品を見わたすことによって、視覚だけではなく五感を使って鑑賞することができ、作品の新たな魅力や、そこに込められた画家の想いに気づかされるのです。
本展では、雄大な山々、のどかな田園風景、人が行き交う街角、画家が思い描いた想像の風景など、様々な景観が描かれた日本画を展示します。絵の中を散歩するように、想像を膨らませながら日本画の世界をお楽しみください。

山元春挙「瑞祥」昭和6年(1931)足立美術館蔵

横山大観「愛宕路」大正10年(1921)足立美術館蔵

富岡鉄斎「蓬萊仙境図」大正13年(1924)足立美術館蔵

川合玉堂「雪降る日」昭和30年(1955)足立美術館蔵

■足立美術館
〒692-0064 島根県安来市古川町320
アクセス: JR安来駅から無料シャトルバスで約20分(1日17往復・先着順・予約不可)。山陰道安来ICから車で約10分。
URL:https://www.adachi-museum.or.jp/

一緒にみたい! おなじエリアの展覧会

  1. 美男におわす