広重と富士山

静岡市東海道広重美術館
期間:2022年1月25日(火)~2022年4月3日(日)
休館:月曜日(祝日の場合開館、翌平日休館)
開館時間:9:00~17:00 (入館受付は閉館30分前まで)
▷日本 浮世絵- 浮世絵 版画

広重の描いた冨士シリーズ『不二三十六景』と『冨士三十六景』をご紹介。

信仰の対象として、また芸術の対象として古くから日本人に親しまれてきた富士山。2013年には『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』として世界文化遺産に認定されました。本展では芸術と信仰の二つのテーマで富士山を紹介します。

大展示室では名所絵師として名を馳せた歌川広重が、その画業の晩年に手掛けた富士山をテーマにした二つのシリーズ作品『冨士三十六景』と『不二三十六景』を中心に広重の描く浮世絵に描かれた富士山を紹介。
小展示室では江戸時代の中頃から庶民の間に広がった富士講ブームを富士登拝のための登山道を描いた絵地図を中心に、芸術と信仰の両面から見る富士山を紹介します。

会期:2022年1月25日(火)~4月3日(日)
Part1:1月25日(火)~2月27日(日) 『不二三十六景』
Part2:3月1日(火)~4月3日(日) 『冨士三十六景』
※各会期で絵画作品は全点展示入替があります。

■静岡市東海道広重美術館
〒421-3103 静岡県静岡市清水区由比297‐1
アクセス: JR東海道本線「由井駅」下車 徒歩25分、タクシー5分
URL:https://tokaido-hiroshige.jp/

一緒にみたい! おなじエリアの展覧会

  1. 忠臣蔵