建物のある風景 / 備前 -土と炎の結晶-

三木美術館
期間:2022年3月2日(水)~2022年5月29日(日)
休館:月曜日・火曜日(祝祭日の場合は開館)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
▷日本 – 絵画・陶磁器

建物が描かれた作品より歴史や暮らしを感じてみてください

姫路城などの歴史的な建造物やヨーロッパの街並み、路地裏や田舎の一軒屋など、どこか懐かしさや親しみを感じさせる建物のある風景があります。佐伯祐三や荻須高徳、平山郁夫などの近代画家たちが描いた、建物から歴史や人々の暮らしが感じられる作品の数々をお楽しみ下さい。 
陶磁器では、備前焼作品を展示致します。備前焼の魅力である窯変。土の性質や、窯への詰め方、窯の温度の変化、焼成時の灰や炭などによって模様が生み出され、一つとして同じ色、同じ模様なることはありません。そんな備前焼の初の人間国宝である金重陶陽をはじめ、歴代の人間国宝の作品をご覧下さい。

■三木美術館
〒670-0012 兵庫県姫路市本町241
アクセス: JR姫路駅、山陽姫路駅下車 大手前通りを姫路城方向へ徒歩約8分
URL:http://www.miki-m.jp/