コレクション企画展「クローン文化財 ミレーの《種をまく人》」

山梨県立美術館
期間:2022年3月15日(火)~2022年3月27日(日)
休館:月曜日、3月22日(火)
開館時間:午前9:00~午後5:00(入館は午後4:30まで)
▷フランス バルビゾン派(19世紀)- ミレー クローン文化財 超高精細画像

超高精細画像を元にしたクローン文化財を展示

昨年度、文化庁の文化芸術振興費補助金を受け、《種をまく人》をはじめとした所蔵するジャン=フランソワ・ミレーの作品3点の超高精細画像の撮影を行いました。本展では、この超高精細画像とその撮影の舞台裏をご紹介します。
 さらにこの画像をもとに、今年度、東京藝術大学が《種をまく人》の「クローン文化財」を制作しました。「クローン文化財」は、オリジナルのもつマチエールを忠実に再現した精緻な複製で、東京藝術大学が文化の継承のため9カ年取り組んできたプロジェクトであり、本展出品作はその集大成に当たります。本展では3Dデジタル技術により、色だけでなく絵画表面の凹凸まで再現されたクローンを、オリジナルとともにご覧いただけます。
 同じくこの画像を用いた県内の企業のプロダクトもあわせてご紹介します。


■山梨県立美術館
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
アクセス: JR甲府駅バスターミナル(南口)1番乗り場より山梨交通バスで約15分、「山梨県立美術館」下車 中央自動車道甲府昭和インターチェンジより約10分。
URL:https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/

一緒にみたい! おなじエリアの展覧会

  1. 企画展「伝える-災害の記憶 あいおいニッセイ同和損保所蔵災害資料」

  2. 企画展「伝える-災害の記憶 あいおいニッセイ同和損保所蔵災害資料」

  3. コレクション企画展「クローン文化財 ミレーの《種をまく人》」

  4. フランソワ・ポンポン展 動物を愛した彫刻家