フランソワ・ポンポン展 動物を愛した彫刻家

山梨県立美術館
期間:2022年4月16日(土)~2022年6月12日(日)
休館:月曜日
開館時間:午前9:00~午後5:00(入館は午後4:30まで)
▷フランス – 彫刻

独創的な動物彫刻で知られるフランスの彫刻家、フランソワ・ポンポンの日本初の回顧展

フランスの彫刻家フランソワ・ポンポン(1855~1933)の日本で初めての回顧展です。ロダンの下彫り職人としてキャリアを積んだポンポンは、20世紀初頭に動物彫刻家として歩み始め、《シロクマ》に代表される、単純でありながら優美な形状をもつ独創的な動物彫刻で世に認められました。その作品は現代でも親しみを感じられる普遍性を持っています。本展ではポンポンの作品と資料を多数所蔵する群馬県立館林美術館等の作品により、動物彫刻の新たな表現を拓いたポンポンの魅力をご紹介します。

■山梨県立美術館
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
アクセス: JR甲府駅バスターミナル(南口)1番乗り場より山梨交通バスで約15分、「山梨県立美術館」下車 中央自動車道甲府昭和インターチェンジより約10分。
URL:https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/

一緒にみたい! おなじエリアの展覧会

  1. コレクション企画展「クローン文化財 ミレーの《種をまく人》」

  2. コレクション企画展「クローン文化財 ミレーの《種をまく人》」

  3. 企画展「伝える-災害の記憶 あいおいニッセイ同和損保所蔵災害資料」

  4. 企画展「伝える-災害の記憶 あいおいニッセイ同和損保所蔵災害資料」